カナダで考える母乳育児

昨日、一昨日は寒くて-3℃でした。今日は少し暖かくて3℃!3℃って寒いと思う方も多いと思いますが、マイナスが普通になってくると3℃なんて暖かいです(笑)暖かいうちにおさるを公園連れて行かなくちゃ!と思い、ママ友と公園集合しました。カナダに来る時に寒さが不安な方も多いと思いますが、なんとかなります!!私もかなりの寒がり&冷え性ですが、なんとかなってます。

さて、今日は育児ネタ。おサルの成長記が止まってますが、いつかは続きを書きたいと思いつつ需要がなさそうなので置いておいて(笑)需要がないかもしれませんが、カナダで子育てしていて気付いた母乳育児について書きたいと思います。これもこのブログの読者様にはあまり需要がにように思いますが、文化の違いを垣間見るということと、母乳に悩んでこのブログに来る人は少ない(てか、いない?!)と思いますが悩んでいる方に参考になればと思い書いておきます。

スポンサーリンク
leclarge

日本の母乳育児とカナダのミルク育児

日本では最近は母乳推しがすごいですよね。まるで母乳育児でないといけないような雰囲気すらあります。実際に、日本で子育てをしている友人は病院で先生に「母乳で育てないの?赤ちゃんがかわいそう・・・」と言われたそうです!出産をする病院によっては、かなりストイックな母乳指導をしているようで正直驚きました。私の妹は日本で生活していて日本で産みました。その病院は母乳推しの病院で、母乳をあげる前と後で赤ちゃんの体重を測り、どれくらい飲んだのかかなり細かくメモしていました。一方のカナダ、ハリファックスの病院では大した指導はしてくれません。母乳に関しても、沐浴でも何でも!何も教えてくれないからどうやって母乳育児をしたらいいのか、悩んだお話はこちら↓

カナダで悩んだ母乳育児


そして、びっくりするくらい混合またはミルクオンリーで育児する方が多いです!!カナディアンで完全母乳の人って少数派なんです。「なんで混合またはミルクなの?」ってなんとなく聞きにくくて聞いたことはありません。でも、カナダで子育てをしながら、お子さんのいる家庭の様子を見ながら自分なりに考えてみました。

  • スタイルを崩したくない
  • 自分の時間を作りたい
  • 夜寝てほしい
  • 栄養価が高いから

この辺りが理由なのかなと思います。特に「自分の時間を作りたい」という理由、これはすごく日本と違う点だなと思います。こちらの人は1歳未満の子どもがいても、夜ベビーシッターや両親、まさかの旦那さんに預けて友達のパーティーに参加したりします!日本でこんなことしたら「幼児虐待」と言われかねないですよね。では、こちらママさん方が自分の子どもを愛していないかと言ったら、もちろんそんなことないです。とーーっても可愛がって愛しています。こちらのママは息抜きが上手なのかもしれません。でも、ママは国が違えどママです。子どもを預けてパーティーに行っても子どものことを考えてしまう人がほとんどです。「赤ちゃん預けて外に出ると、息抜きのはずがどうしているのかなって考えちゃうよね~」なんて言葉をカナディアンママから何度か聞いたことがあります。

「母乳・混合・ミルク」どれがいいの?

母乳・混合・ミルク、どれがいいの?って悩む日本のママさん方は多いのではないでしょうか?私は保育科を卒業し、娘おサルの育児に奮闘中ですが、私個人の意見としては「全ていい!」です!母乳も混合もミルクも、全ていいところがあるんです!!どれも間違いなんかじゃありません。その家庭のスタイル、ママの考え方や体調、赤ちゃん自身の好き嫌いなどを考慮して、ママが1番いいと思う選択肢を選べばいいんです。そして、それが1番よくて、正解の答えになるんです。私自身はほぼ母乳オンリーで育てました。生後2週間だけ混合で母乳が安定してからミルクを止めました。8ヶ月頃、授乳時に痛みを感じるようになり、少しだけミルクをストローマグで飲ませました。離乳食もしっかり食べて、母乳にこだわりもない子だったので9ヶ月で卒乳しました。あげるの止めたら、そのまますんなり終わりです。母乳育児をした私ですが、本当は混合でやりたかったんです。でも、ミルクが高くて断念しました・・・。そして、今、思うのは、もし次があるなら混合で育てたい!

ハリファックスではパパ一人で赤ちゃんを連れている光景をよく見かけます。生後数か月の小さい赤ちゃんを連れて病院に来たパパ、1歳未満の赤ちゃんを連れ図書館の赤ちゃん向けプログラムに参加するパパ。これも日本じゃ信じられないですよね!でも、これができるのはミルクのおかげです。これが母乳オンリーだとそうはいきませんよね。赤ちゃんが産まれた時からミルクをあげて、ママなしで赤ちゃんを連れておでかけしているパパは自然と育児に慣れていきます。子どものあやし方も自然と上手になってきます。赤ちゃんとの信頼関係が上手に築けているのだと思います。一方のうちのくまさんは、遊ぶのはとても上手です。でも、泣いた時の対応や寝かしつけが下手です。卒乳してから時々おサルを預けて出かけさせてもらうのですが、ここ最近寝かしつけをお願いする機会が続いて思いました。もし混合で育てていたなら、もう少しクマさんとおサルの関係が違ったかもしれないって。おサルももちろんパパが大好きです。でも、寝る時はママがいいみたいなんです。それは、ずーーーっと私が寝かしつけをやってきてしまったから。うちはこれからクマさんにもおサルにも頑張ってもらって、2人の寝かしつけの形を見つけてもらいたいと思います。

育児は悩むことも多いですが、なるべく楽しんでいきたいですよね!私も最近おサルがなぜか3時~4時の1時間起きるという謎の試練を私に与えてくれ、寝不足で疲れています(笑)でも、実はこの1時間に意外とおもしろい行動を見せるおサル(笑)早く寝てくれ~と思いながらも、ママとおサルの秘密の早朝デートを楽しんでもいます(笑)

次回はなるべくハリファックスのことを書けるようにネタを探しておきます~!


励みになりますので、ポチッとお願いします!


にほんブログ村

スポンサーリンク
leclarge

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
leclarge