過酷な赤ちゃんの時差ボケ

暑い・・・。ハリファックスは20℃超えのいいお天気の日が続いています。これからハリファックス入りする方、最近来た方は楽しいこといっぱいありますよー!海沿い歩いているだけで、うきうきした気持ちになります♡

スポンサーリンク
leclarge

赤ちゃんの時差ボケって親には過酷!

日本から帰国した我が家ですが、楽しかった日本一時帰国の後には過酷なおサルの時差ボケがまっておりました。行きも帰りもフライト中はとてもお利口にしてくれました!数時間寝て、起きて、少し膝の上で遊んで、おっぱい飲んで、また寝て・・・の繰り返しでした。お利口にしてくれていたとはいえ、ずっとエルゴを付けて寝る時はもちろんエルゴ、起きている時はエルゴを外すけど膝の上、私がご飯を食べる時はやっぱりエルゴ、という状態。今回はクマさんもいたので交代しながらでしたが、基本は私が抱っこしていました。おサルはかなり活動できなので隣の人にちょっかい出してしまうので、私が通路側、クマさんがその隣で座っていたので、私が抱っこすれば、隣の人にちょっかい出せないので。そんな状態のフライトなので、私も疲れます。行きは最初の夜の寝る時だけ泣きましたが、翌日以降は落ち着いていました。長旅で長旅で疲れたので寝やすかったのだと思います。問題はカナダに帰ってきた時です!

帰りのフライトは行きよりも少しまとめて寝ていました。ハリファックスの家に着いたのは夜11時過ぎ。なんだかんだで寝かしつけたのが0時でした。眠そうにしていたのですが、なぜだか眠れないらしくギャン泣き!!!寝ても1時間で起きて泣く、抱っこでゆらゆらを30分ほどしてほぼ寝た状態でベッドに置くとまたギャン泣き!そして、朝5時には私の方が負けて寝かしつけることを諦めて起きることにしました。疲れているのに全然眠れなかった私とクマさんは若干ピリピリ!そして、2日目の夜も数時間おきに起きては抱っこでゆらゆら・・・。もう無理!!寝たい!!!ということで、クマさんと交代制にしました。それでも、疲れがとれず、日中休んだりしていました。3日目にして5時間くらいまとまって寝るようになり、昼間の眠そうな雰囲気もなくなりました。たった数日間ですが、疲れがたまっているところにおサルの強烈な時差ボケ。何の試練かと思いました・・・。

赤ちゃんを連れて、時差があるところへ旅行するお母様方、赤ちゃんの時差ボケには要注意です!

時差ボケ対策にしたこと

『日中に太陽光を浴びる』

『眠くても現地の時間で動く』

普段から旅行しても私はこの2つをモットーに動いているので、おサルにも同じようにしてもらいました。でも、そこは赤ちゃん。多少寝てしまったりはありましたが、基本的にはいつもの生活リズムで動きました。食料品のお買い物も必要だったので日中はけっこう外を出歩きました!そのおかげなのか、早めにおさまってよかったです。あれが続いたら、こちらの体がもちません。いまだに抱っこで寝たがる時もありますが、それもおさまりつつあります。普段は眠い時にベッドに置けば、勝手に寝てくれる子なので。

今回の時差ボケで一時帰国が億劫な気持ちも芽生えましたが、ジジとババは早くまた会いたいと言っているのでまた連れて帰れるよう貯金したいと思います!

励みになりますので、ポチッとお願いします!

スポンサーリンク
leclarge

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
leclarge