ティムホートンで見かけて考える英文法

今日は5月日(日)母の日でした!フェイスブックでは「Happy Mother’s day!」のアップがたくさん!!みんな、お母さん、お義母さん、母でもある奥さんに「ありがとう」の言葉をあげていました。我が家が特別なことはしていませんが、「母の日だから」と夕飯を作ってくれました♡

さて、しばらくブログをアップしていなかったのですが、実はパソコンの調子が悪くて最悪でした。私はパソコンは最低限しか使えず、全くわからないド素人。ググっては見たものの、わからない・・・。余計なことをして余計に悪くなるより、ダメもとで詳しい人がいないか探してみよう!と声をかけたら、最近知り合った人が元SEでしたー!Y氏ありがとー!!!神様かと思ったよー!!!HachiCanadaのハリファックス生活は本当に人に支えられて成り立ってます。感謝、感謝!そんなこんなで、まだ完全復活ではありませんが、とりあえずブログを再開できるまでに復活してもらいました!パソコンやインターネットの世界の怖さを実感した数日間でした・・・。

さて、今日はティムホートンで文法的におもしろい文章を見つけたんで、英語学習のお話です。

スポンサーリンク
leclarge

未来形+no longer

16-05-08-19-36-23-937_deco

写真がわかりにくくて、申し訳ない・・・。ドライブスルーの時にふと目に入って急いで撮ったので、クオリティが最悪です。ティムホートンで見つけた、この広告。こんなセリフが書いてありました。

In the coming weeks

our x-small hot beverage cup

will no longer be available

訳すと、「もうすぐ温かい飲み物にエックス・スモールサイズが加わります」ということですが、まるで英語の教科書に載ってそうな文法的においしい文章ですよね(笑)

<no longer 「もはや~ではない」>

“not”などの否定の単語を使わなくても、この単語だけで否定文が作れます。

(例) You are no longer a child.   (あなたは、もう子どもではないのよ)

= You are not a child anymore. と同義になります。

(例) I’m no longer young. (私はもう若くない)

この例文、気付いているけど、見てみないフリをしている私の真実です(笑)

さて、この広告がおもしろいのは「no longerが未来形に使われていること」です。つまり、「未来において、利用できないことはもうない」ということです。つまり、「今は利用できないけど、もうすぐ利用できるようになるよ!」。さらに言えば、「It’s coming soon」の意味です。日本語でそのまま書くとややこしいですね~(笑)

ここで使われているavailableも学校で習ったはずが忘れていそうな単語・・・だと思うのは私だけでしょうか?

<available 「利用できる、手に入る、手が空いている」>

つまりは、「可能なこと」を表す単語です。

(例) This washroom is available. (こちらのトイレは使えます)

(例) Are you available tomorrow moring? (明日の朝、空いていますか?)

使いやすい言葉ですよね♫助動詞の「can」を使うことって多いと思いますが、たまにはavailableを使ってみてはいかがでしょうか?ちょっと大人な気分を味わえるかもしれません(笑)

なーんて、ティムホートンでとっさに英文法のことを考えたHachiCanadaでした。カナダで結婚して住んでいるというと英語ができそう聞こえますが、私もまだまだ勉強中です。みんなで一緒に楽しく英語を学んでいきましょう♬

励みになりますので、ポチッとお願いします!

スポンサーリンク
leclarge

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
leclarge