トマトの離乳食って初期にあげちゃいけないの?

今日は夕方夕方前までは雨風がすごかったのですが、今はいいお天気です。気温も6℃と暖かいです!今日はおサルの午後のお昼寝の時に私も寝てしまい、そのままおサル以上に寝てしまいました(笑)起きたら、クマさんがおサルと遊んでくれていました(*´▽`*)でも、まだ眠い~!

今日はトマトの離乳食のお話です。

スポンサーリンク
leclarge

離乳食初期とトマト、うちの場合

今のところ、日本式で離乳食を進めている我が家。まずは、10倍がゆ。そして、ほうれん草、人参。次にトライしたのは、トマトでした。私が持っている離乳食の本やネットでは初期から食べられると書いてありましたが、どうやらおサルには合わなかったみたいです。初日だったので本当にちょこっとしか食べていませんが、その後いつもは食べられる、ほうれん草のおかゆを嫌がり食べませんでした。トマトを食べた後から「おぇっ」とえずくようになり、それが半日続きました。お昼寝の時もぐずる、ぐずる。そして、夕方吐きました。発熱や発疹はないからアレルギーではないし、嫌いなものを食べてえずくにしては長すぎる・・・。

そこでグーグル先生に聞いてみることにしました!日本語でググってもおサルの状況に合うものを見当たりませんでした。でも!!英語でググったら、すぐ、というか1番最初に出てきました!「トマトの酸で胃が荒れるので、トマトは離乳食中期からがいい」とのこと。トマトの酸で胃が荒れることなんてあるのー?!びっくりです!でも、「胃が荒れる」という症状はおサルの様子を見ているとぴったりなので、きっとそうなのでしょう。日本のトマトと海外のトマトは種類が違って酸の濃度も違うのでしょうか?細かいことはわかりませんが、おサルのトマトは離乳食中期に持ち越しです。ある程度いろいろ食べられるようになったら、また挑戦したいと思います。
励みになりますので、ポチッとお願いします!

スポンサーリンク
leclarge