カナダの銀行って、ややこしい?!

ワーホリや留学でハリファックスに来られる方で、質問がある方はお気軽にコメントください。銀行開設、携帯の手続き、現地健康保険について、空港からの移動手段、「これはどこで買える?」などなど、できる範囲でですがお手伝いします!

さて、今日は銀行開設のお話です。ワーホリで働く方は銀行口座が必要な場合がほとんどですよね。または、留学でも親御さんからのお金を送金してもらうのに必要なこともあります。でも、日本とカナダでは銀行のシステムで違うことがたくさん!なので、ここに思い当たることは書いておこうと思います。

スポンサーリンク
leclarge

日本と違う!カナダの銀行システム

こちらの銀行でよく目にするであろう言葉。それは「Chequingチェッキング」「Savingセービング」。「Chequing」は日本で言う普通口座、「Saving」は定期預金のような貯蓄用の口座です。カナダの銀行では1つの銀行カードで両方持つことができ、Chequing口座とSaving口座のやりとりも日本より簡単です。ちなみに、Chequingはカナダ英語、アメリカ英語ではCheckingです。

各銀行、いろいろなプランがあります。そして、その時によってプランが変わったり新しいプランが登場したりするので、細かいことは書きません。ただカナダの口座は維持費が必要なものが多いです。ワーホリで来た人がオススメされるのだと、維持費は月に$10~15くらいが多いと思われます。そして、ある一定額口座に入っていれば、この維持費はかからないというプランもあります。例えば、常に口座に$3000入っていれば維持費はかからないよ~とか。

たいてい維持費が低いプランは回数制限があります。この回数制限と言うのは、デビットカードで買い物したら1回、お金を引き出したら1回、お金を入れたら1回・・・とカウントされます。そして、私が使っているTDバンクの学生プランは月25回という制限があります。26回目以降は1回につき、たしか$1.25かかります。カナダに来たばかりだと、この25回が多いのか少ないのかわからないですよね。これは人によるので難しいところですが、普通のカナディアンの生活だったらすぐ25回くらいカウントされます。なぜなら、こっちの人は現金はあまり持ち歩かずデビットで買い物するから。コーヒー買って1回、ランチして1回、スーパーで買い物して1回・・・と1日の中でも何回か使うこともあります。でも、これはやりようで抑えられます!!!デビットばっかりじゃなく、現金も使えばいいんです。引き落としにもお金はかかりますが、多めに引き落としてデビットの代わりに現金を使えば回数を25回に抑えられます。

ChequingとSavingについて

Chequingだけを開設することもできるかもしれませんが、ワーホリ時代に開設した時から私はSavingもついていました。そして、口座を開設する時に聞かれるかもしれないことの1つにChequingとSaving間のtransferトランスファー。transferはここではお金の行き来のことです。方法は2つあります。

  1. 毎月決まった日に、決まった額を移動する。例えば、毎月1日に$50をChequingからSavingに移動する。
  2. デビットを使った時、お金を引き出した時など銀行カードを使った時に決まった金額を移動する。例えば、移動金額を$1と設定し、デビットで買い物したら$1がSavingに移動。お金を引き落としたら$1がまた移動。

これはこちらで長く住むには貯蓄としていいと思いますが、ワーホリや短期留学生にはあまり意味がないと思います。もしSavingを作らなければいけないのであれば、②の方法を選んで例えで示したように1回につき$1移動とすると大した負担にはならないと思います。私のように回数制限が25回で25回以内に抑えるなら最大でも月$25の移動。これなら生活費を圧迫することは少ないと思います。そして、最後に口座を閉める時にちょっとした貯金が手に入るかも?!(´▽`*)

終わりに

日本とシステムが違うし聞いたことない単語も多いから、銀行開設は難しく感じるかもしれません。でも、大丈夫です!みんな、それでも開設しているので!!バンクーバーだと日本人スタッフがいる銀行もあるようですが、ハリファックスでは聞いたことがありません。アジア系だと韓国人、中国人のスタッフは見かけます。それでも、バーリントンストリートやスプリングガーデンロードの支店はワーホリや留学生に慣れているので、たいてい親切に教えてくれます。海外旅行じゃ銀行口座開設なんてしないし、海外に住む経験の1つとしておもしろいと思います(*’▽’)
ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!

にほんブログ村

スポンサーリンク
leclarge

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
leclarge

コメント

  1. 齋藤 しのぶ より:

    こんにちは。初めまして
    6月末から次男(19)が1年間、ハリファックスに語学留学することになり、銀行への送金方法など検索していて見つけました!!
    これからゆっくりブログを読んで、私も行った気になって準備したいと思います。
    とりあえず、ご挨拶まで

    • HachiCanada より:

      斎藤しのぶさん、
      コメントありがとうございます!そして、初めまして!HachiCanadaです。
      お子様が1年間ハリファックスで語学留学されるのですね。送り出す側としては、きっと心配なことも多いですよね。質問があれば、なんでも聞いてくださいね!コメント欄で質問しにくいことがあれば、「メールで!」と言ってくださればメール致します♫
      日本にいても海外にいても100%安全ということはないですし、「安全を確保する」「危ないことはしない」と身を守ることは必要だと思います。でも、ハリファックスは基本的に人もフレンドリーでゆったりとした、いい街です。息子さんが気に入ってくださると私もうれしいです。実は私も日本に一時帰国して帰ってくるのが6月末です。同じ飛行機だったりして・・・なんてね(笑)